古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2018-10-17

Top / 店主の日記 / 2018-10-17

Tag: カメラ修理 ミノルタ SR2

超レアなミノルタ一眼

IMG_0397 2

ミノルタSR-2の修理を承りました。このカメラはミノルタ初の一眼レフとして1958年に発売されたものです。SRの意味はSingle Lenz ReflexのSとRをとったものと言うことです。同時期発売のカメラとしてはSR-1がありますが、こちらは普及機の扱いで、シャッタースピードも1/500までです。以降17年間このSRシリーズは改良や新型が発表され、特にSR-T101は100万台以上を売り上げる大ヒットカメラとなりました。

さて、このカメラの画像を見て、珍しいと思われた方もいらっしゃるのではないかと思います。これはブラックペイントモデルなのです。2003年発行のエイ出版社「ミノルタカメラのすべて」にも記載があって引用いたします。

以下引用

「その数、日本国内で10台のみ。現在(2003年当時)、ミノルタ側にもこのブラックモデルを売ったり、修理したりした記録がなく、大手のカメラ店などへ献上品として、ごく少数のみ生産されたのではないかとみられている。」

引用以上

献上品という表現にやや苦笑しますが、その10台しか確認されていないうちの1台が当店に修理にやってきたわけです。万一を考えて、ちょっと店主も緊張致しました。

この個体は関西方面にお住まいのお客様から修理の依頼を受けたもので、お父様から譲られたもののようです。譲られた時にそのレアさも聞いていらっしゃったようですが、その時すでにレンズマウントがロックしない等の要修理品であったようです。使えないカメラで寝かしていても致し方ないといことで、今回当店での修理をご依頼いただきました。

レンズマウントのロック不良はロック爪部のネジ緩みが原因でした。爪もややへたっており、ちょっとだけガタがありますが、使用できる範囲内と判断いたしました。また他の調整整備も行なってオーナーの元へ戻って行きました。

a:149 t:1 y:2 



コメント


認証コード(8588)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional