古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2018-08-20

Top / 店主の日記 / 2018-08-20

Tag: カメラ修理 マミヤ マミヤ35

世田谷光機

IMG_0183 2

随分長いことブログをお休みしてしまいましたが、店主も元気にカメラ修理をやっています。何かをきっかけにブログを休むとそのままズルズルとしてまう、悪い性分です。

さて、今日ご紹介するのはマミヤ35です。オーナーは60歳を過ぎた浜松市内の方で、店にお持ち込みになりました。お話を聞くと、「子供の頃に親父が使ったのが最後だから50年以上は使っていない」とのことでした。
シャッター羽根が油分で粘って開きません。ファインダーも汚れて二重像がはっきりしません。各部点検修理(総合整備)をさせていただくこととなりました。

マミヤといえば、まず、中判(120フィルム)のカメラを思い出しますが、このマミヤ35は文字通り35mmフィルムを使うカメラで、昭和30年(1955年)に発売されたマミヤ35の2型になります。但し、1型は中判のマミヤ6を35mm版にしたようなものだと聞きますので(見たことがありません)、実質この2型がマミヤ35の初号機と言っても良いかもしれません。ですからオーナーが言うことも間違いなさそうです。レンズの銘板も「SETAGAYA KOKI」となっており、その後の機種は「MAMIYA」となっているようです。

シャッターユニットはセイコー製で分解清掃は慣れたものですが、ファインダー距離計はちょっと曲者でした。ハーフミラー腐食していたため交換することにしましたが、ちょっと手間がかかりました。

眠っていた50年分を取り戻すように撮っていただきたいと思います。



コメント


認証コード(5500)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional