古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2011-10-30

Top / 店主の日記 / 2011-10-30

Tag: ニコン ニコマートFTN

試写・ニコマートFTN

当店のサイトにかわいいカメラというページがあります。先日、ペンタックスSPの試写をして、そう言えばこのページで紹介したカメラで試写をご紹介していないのはこのニコマートFTNだけになってしまったことに気がつきました。1年程前に試写したネガがありますのでご紹介したいと思いますが、まず、もう少しカメラもご紹介することに致します。ご覧いただくのはやはり当店工房のテスト機です。

ニコンの一眼レフ中級機はニコマートの名前で登場しました。このFTNはFT/FSに続く2代目です。FTNはTTL開放測光で、先日のペンタックスSPのように、絞込みのスイッチを入れる動作はなく、ファインダーをのぞいてそのまま絞り(或はシャッタースピードを決めて)、メーターの針が適正な位置にくればそれが適正露出で、そのままシャッターが切れます。

こんなカメラです。
カメラ修理・ニコマートFTN
堅牢な感じがしますが、持ってみるとやはりズシッと重い感じ。軽快な感じのペンタックスSPとは雰囲気も違います。どちらが好きかは個人によりますが、優柔不断な店主はどっちも好きと答えます(笑)



カメラ修理・ニコマートFTN
上から見ます。すっきりしてますね。シャッタースピードダイヤルが無いせいかもしれません。



カメラ修理・ニコマートFTN
シャッタースピードダイヤルはここにあります。オリンパスOM-1と同じようにマウントのところです。シャッターは金属幕縦走行ユニットのため、それを活かしたレイアウトにしたのではないかと思います。



カメラ修理・ニコマートFTN
ファインダー内です。右側にメーターがあり、切り欠きの真ん中に来るように絞り(シャッタースピード)を合わせます。画像では見にくいですが、スクリーン下にシャッタースピードが表示されています。このことから考えると、やっぱりシャッタースピードを先に決めてから絞りを調整して露出を決める、いわゆるシャッタースピード優先の考え方なのかも知れません。

ネタの都合で今日はここまでにさせさてください。



コメント


認証コード(2501)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional